助教または講師の公募(和歌山県立医科大学分子遺伝学講座)

助教または講師の公募(和歌山県立医科大学分子遺伝学講座)

機関名

和歌山県立医科大学

求人件名

助教または講師の公募(和歌山県立医科大学分子遺伝学講座)

機関/部署名

和歌山県立医科大学 分子遺伝学講座

機関URL

https://www.wakayama-med.ac.jp/dept/igakubu/1606031/index.html

求人内容

[機関の説明(募集の背景、機関の詳細、プロジェクトの説明等)]
和歌山県立医科大学・分子遺伝学講座は、新規に助教または講師を募集します。
当講座では、がんの微小環境の形成メカニズム及び補体関連疾患の分子メカニズムを2大テーマとし、分子遺伝学、分子細胞生物学的手法を駆使し、病気の分子メカニズムの解明を目指しています。
臨床講座と協力し、患者さんの検体を用いた研究や疾患の診断方法の開発、薬剤スクリーニング等も行います。
今回、がんの微小環境の形成メカニズム(特に免疫環境)を解析し、がんの微小環境をターゲットにした治療法を開発する研究に従事する職員を募集します。
分子細胞生物学的な研究のバックグラウンドがあれば、腫瘍免疫や免疫学分野の研究歴は、必ずしも必要としません。
世界の第一線で活躍する研究者を目指す情熱と意欲を持つ研究者を募集いたします。
医学部教育としては、分子生物学、細胞生物学、遺伝医学の講義の一部と、分子生物学の実習を担当して頂きます。

研究テーマ

1. がんの微小環境の形成メカニズム
2. 補体関連疾患の分子メカニズム

勤務地

〒641-8509 和歌山県紀三井寺811-1
和歌山県立医科大学
分子遺伝学講座

募集人数

 1

着任時期

2020年4月1日以降に着任していただく予定(時期については相談の上で調整可能)

職 種

1.助教相当

2.准教授・常勤専任講師相当

勤務形態

常勤(任期あり) 
5年ごとの更新。業績次第で延長可

応募資格

[業務に必要な特定分野の資格・条件(学位などを含む)・経験(何年以上)、及び専門性等の詳細]
1. 採用時または着任時に博士の学位を有する方
2. 分子生物学の知識・研究経験のある方
3. がんの微小環境、特に免疫細胞との相互作用に興味のある方 
4. 意欲と情熱のある方(将来の海外留学等の希望のある方歓迎)

待遇

[採用後の待遇(給与、勤務時間、休日、雇用期間、保険等)]
公立大学法人和歌山県立医科大学の規定による(業績、経験等を考慮)。
社会保険あり。有給休暇あり。休日:土日祝日、年末年始。

募集期限

2020年04月30日 消印有効 
適任者の採用が決まり次第、募集を締め切ります。

応募方法

[応募方法(提出書類/郵送・メール添付・Web応募利用の詳細などの提出方法/住所・メールアドレスなどの送付先)]

ご関心のある方は、以下の書類を下記連絡先までE-mailまたは郵送でご送付ください。また質問等があれば気軽にE-mailでお問い合わせください。
応募書類の返却はいたしませんが、責任を持って廃棄させていただきます。

1. 履歴書
2. 業績(英文の原著論文、総説)
3. これまでの研究内容、得意な分野・実験手法、自己PR等
4. 人物照会ができる方の連絡先(2名)

[選考内容(選考方法、採否の決定)、結果通知方法]

書類選考後、必要に応じて面接をいたします。
結果についてはe-mailにて通知をいたします。
[連絡先(担当者所属、役職、氏名、e-mail、電話番号)] ※重要
〒641-8509 和歌山県紀三井寺811-1
和歌山県立医科大学
分子遺伝学講座 
井上 徳光 宛
E-mail: inoue-no@wakayama-med.ac.jp
電話:073-441-0607

電子メール 応募先

この公募は、すべての応募書類を電子応募で受け付けできます。

電子メール応募先:inoue-no@wakayama-med.ac.jp