日本がん免疫学会
menu
活動内容
活動内容

 
 1.学術集会
毎年1回、学術集会・総会を開催しております。(現在までの開催地および総会長は下表の通りです)

 2.刊行物
年1回、News Letterを発行しています。

 3.会員への各種情報の提供
癌特異免疫療法の臨床試験プロトコール掲載サイトの紹介やテクニカルサポートを行っています。

第22回日本がん免疫学会総会のご案内

第22回日本がん免疫学会総会(平成30年8月1日〜3日 岡山コンベンションセンター)
大会会長: 鵜殿平一郎(岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 免疫学分野)
副会長: 藤原 俊義(岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 消化器外科学分野)
木浦 勝行(岡山大学病院 呼吸器アレルギー内科学)
■詳細はこちらから>>

基盤的癌免疫研究会過去リスト
第21回日本がん免疫学会総会(平成29年6月28日〜30日 幕張メッセ国際会議場)
大会会長: 中山 俊憲(千葉大学大学院医学研究院 免疫発生学)
副会長: 岡本 美孝(千葉大学大学院医学研究院 耳鼻咽喉科・頭頸部腫瘍学)
平野 直人(Princess Margaret Cancer Centre,University of Toronto)
本橋 新一郎(千葉大学大学院医学研究院 免疫細胞医学)

第20回日本がん免疫学会総会(平成28年7月27日〜29日 大阪国際交流センター)
大会会長: 奥野 清隆(近畿大学医学部外科 主任教授・付属病院長)
副会長: 植村 天受(近畿大学医学部 泌尿器科 主任教授)
松村  到(近畿大学医学部 血液・膠原病内科 主任教授)

第19回日本がん免疫学会総会(平成27年7月9日〜11日 伊藤謝恩ホール)
会 長: 松島 綱治(東京大学大学院医学系研究科分子予防医学)
第19回日本がん免疫学会総会は第23回マクロファージ分子細胞生物学国際シンポジウム
との共同で“がん免疫療法・マクロファージ国際会議2015(ICCIM2015)”として開催されました。

第18回日本がん免疫学会総会(平成26年7月30日-8月1日 ひめぎんホール)
会 長: 安川 正貴(愛媛大学大学院医学系研究科血液・免疫・感染症内科学 教授)
副会長: 石井 榮一(愛媛大学大学院医学系研究科小児科学 教授)
増本 純也(愛媛大学プロテオサイエンスセンター病理学部門 教授)
山下 政克(愛媛大学大学院医学系研究科免疫学 教授)

第17回日本がん免疫学会総会(平成25年7月3日-7月5日 ANAクラウンプラザホテル宇部)
会 長: 岡 正朗(山口大学大学院医学系研究科 消化器・腫瘍外科学)
副会長: 玉田耕治(山口大学大学院医学系研究科 細胞シグナル解析学)
谷澤幸生(山口大学大学院医学系研究科 病態制御内科学)
上山吉哉(山口大学大学院医学系研究科 歯科口腔外科学)
73日はバイオセラピィ学会との合同特別企画

第16回日本がん免疫学会総会(平成24年7月26日-7月28日 北海道大学 学術交流会館)
会 長: 瀬谷 司(北海道大学大学院医学研究科微生物学講座免疫学分野 教授)
副会長: 櫻木 範明(北大婦人科)
今村 雅寛(北大血液内科)
秋田 弘俊(北大腫瘍外科)

第15回日本がん免疫学会総会(平成23年6月30日-7月01日 大阪 千里ライフサイエンスセンタービル)
会 長: 杉山治夫(大阪大学大学院医学系研究科機能診断科学・ 教授)
副会長: 森 正樹(大阪大学大学院医学系研究科 消化器外科学 教授)
熊ノ郷 淳(大阪大学大学院医学系研究科 呼吸器・免疫アレルギー内科学 教授)
特別講演1: 「炎症と癌」−IL-6の発見から抗体医療開発へー
岸本忠三(大阪大学)
特別講演2: "ClinicalandimmunologicaleffectsofWT1vaccination―theBerlinexperience"
UlrichKeilholzChariteComprehensiveCancerCenter,Berlin,Germany
シンポジウム1: 「がん免疫療法の現状と将来」
(西村孝司、鳥越俊彦、伊東恭悟、中山俊憲、池田裕明、安川正貴)
シンポジウム2: 「がん免疫研究を支える基盤研究の進歩」
(河上裕、熊ノ郷淳、宇高恵子、坂口志文、石川文彦、金子新)

第14回日本がん免疫学会総会(平成22年7月22-23日 KKRホテル熊本 熊本)
会 長: 西村泰治(熊本大学大学院生命科学研究部・免疫識別学)
副会長: 篠原正徳(熊本大学大学院生命科学研究部・顎口腔病態学)
佐々木裕(熊本大学大学院生命科学研究部・消化器内科学)
馬場秀夫(熊本大学大学院医学薬学研究部・消化器外科学)
特別講演1: 「がんペプチドワクチン療法のTRネットワーク;がん難民の希望の光と科学的評価の両立を求めて」
中村祐輔(東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター)
特別講演2: "ImmunotherapyofestablishedlesioncausedbyhighriskHPVwithsyntheticlongpeptides"
CornelisJ.M.Melief,M.D.,Ph.D.
ProfessorofImmunohematology,LeidenUniversityMedicalCenter
シンポジウム1: 「がん免疫における橋渡し研究の進歩2010」
(西村孝司、影山慎一、和田尚、山田亮、西田純幸、伊藤旭、石田高司、上田龍三)
シンポジウム2: 「次世代がん免疫療法の開発にむけた基礎・応用研究」
(志馬寛明、鳥越俊彦、千住覚、河上裕、田原秀晃、石田禎夫)

第13回日本がん免疫学会総会(平成21年6月24-25日 北九州国際会議場 小倉)
会 長: 安元公正(産業医科大学医学部第2外科学講座)
副会長: 金澤 保(産業医科大学医学部免疫学・寄生虫学講座)
戸倉新樹(産業医科大学医学部皮膚科学講座)
特別講演1: MAGE A3 antigen specific cancer immunotherapy:from concept to global phase III study
Johan Vansteenkiste,MD,PhD
Respiratory Oncology Unit(Pulmonology)and Leuven Lung Cancer Group,
University Hospital Gasthuisberg,Leuven,Belgium
特別講演2: 「がんに対する抗体療法」
西條長宏(近畿大学医学部がんプロフェッショナル養成プラン推進部門)
シンポジウム: 「がんワクチン療法の現状と展望」トランスレーショナルリサーチから学んだ事
(中面哲也、影山慎一、山田亮、瀧川雅浩、鳥越敏彦)
ワークショップ1: [Cell therapy(細胞療法)の新たなアプローチ]
(和田はるか、本橋新一郎、徳山宏丈、垣見和宏、西村孝司)
ワークショップ2: 「抗体療法の基礎と臨床:将来の方向性」
(安井寛、花岡宏史、佐藤光男、石田高司)

第12回基盤的癌免疫研究会総会(平成20年7月3-4日 大宮ソニックシティ 埼玉)
会 長: 遠藤敬吾(群馬大学大学院医学系研究科画像核医学)
副会長: 桑野博行(群馬大学大学院医学系研究科病態総合外科学)
野島美久(群馬大学大学院医学系研究科生体統御内科学)
竹吉 泉(群馬大学大学院医学系研究科臓器病態外科学
特別講演: Monoclonal Antibodies for Imaging and Therapy
David Colcher,Ph.D
Beckman Research Institute
Division of Cancer Immunotherapeutics &Tumor Immunology
City of Hope,Duarte,California USA
シンポジウム: ここまで進んだ抗体のトランスレーショナル・リサーチ、臨床応用
(加藤和則、安井寛、森本幾夫、設楽研也、石田高司、吉崎和幸)
ワークショップ: 癌ワクチン療法の標準化を目指して
(和田尚、松本和将、金本彰、本橋新一郎、西田純幸、中面哲也)

第11回基盤的癌免疫研究会総会(平成19年7月11-12日 医学部教育研究棟14F鉄門記念講堂 東京)
会 長: 田原秀晃(東京大学医科学研究所)先端医癌研究センター)
副会長: 松島綱治(東京大学大学院医学系建久科分子予防医学)
東條有伸(東京大学医科学研究所先端医療癌研究センター分子療法分野)
特別講演: Central and effector memory T cells in vaccination and immunotherapy
Federica Sallusto,PhD
(Institute for Research in Biomedicine,Switzerland)
シンポジウム: 癌免疫療法のトランスレーショナル・リサーチ
(珠玖洋、中山俊憲、湊長博、宮本新吾)
ワークショップ: 臨床応用の期待される基礎研究(岩倉洋一郎、瀬谷司、竹田和由、松島綱治)

第10回基盤的癌免疫研究会総会(平成18年7月13-14日 札幌コンベンションセンター 札幌)
会 長: 西村孝司(北海道大学遺伝子病制御研究所 免疫制御分野)
副会長: 今井浩三(札幌医科大学 学長)
近藤 哲(北海道大学大学院医学研究科 腫瘍外科)
特別講演: Liking Toll-like receptors to innate immunity and regulatory T cells in cancer immunotherapy.
Dr.Rongfu Wang
(The Center for Cell and Gene Therapy and Dwpartments of Pathology and Immunology,Baylor College of Medicine,Houston,TX,USA)
シンポジウム: この10年間の腫瘍免疫に貢献した基礎免疫研究
(稲葉カヨ、審良静男、谷口克、坂口志文、松島綱治)
ワークショップ: この10年間におけるがん免疫療法臨床試験の進歩
(珠玖洋、伊東恭悟、田原秀晃、河上裕、佐藤昇志)

第9回基盤的癌免疫研究会総会(平成17年7月14-15日 慶應義塾大学三田校舎北館ホール 東京)
会 長: 河上裕(慶応義塾大学医学部 先端医科学研究所・細胞情報研究部門)
副会長: 北島政樹(慶應義塾大学医学部長・外科学教授)
池田康夫(慶應義塾大学総合医科学研究センター長・内科学教授)
特別講演: Molecular Manipuletion of the Antitumor Immune Response
Drew M.Pardoll, MD,Ph,D
( Department of Oncology, The Johns Hopkins University School of Medicine, Baltimore)
Suzanne L.Topalian, MD
( Surgery Branch, National Cancer Institute, NIH Bethesda)
シンポジウム: 腫瘍の免疫回避機構とその克服
(花桐武志、鳥越俊彦、安川正貴、梶尾喜一、上羽悟史、山田亮)
ワークショップ: がん免疫療法臨床試験の展開
(北川雄光、中山俊憲、影山慎一、田原秀晃、鶴間哲弘、杉山治夫、峯孝志)

第8回基盤的癌免疫研究会総会(平成16年7月15-16日 ホテル札幌ガーデンパレス 札幌)
会 長: 佐藤昇志(札幌医科大学医学部病理学第一)
副会長: 平田公一(札幌医科大学医学部外科学第一)
西村孝司(北海道大学遺伝子病制御研究所)
特別講演: New perspectives on tumor rejection responses after peptide vaccination.
Dr. Pierre G. Coulie ( University of Louvain, Brussels, Belgium)
シンポジウム: Immunomodulationの新しい分子基盤と癌免疫応答制御
(田村保明、塚田晃三、本田賢也、東秀明)
ワークショップ: 癌免疫におけるtranslational researchの実践と課題
(本橋新一郎、峯孝志、北野滋久、山中龍也、坪井昭博、鶴間哲弘)

第7回基盤的癌免疫研究会総会(平成15年7月17-18日 ピュアリティまきび 岡山)
会 長: 中山睿一(岡山大学院免疫学講座)
副会長: 田中紀章(岡山大学大学院 消化器・腫瘍外科学)
谷本光音(岡山大学大学院 血液・腫瘍・呼吸器内科学)
特別講演: NY-ESO-1specific immune responses in cancer patients
Dr. Alexander Knuth(Department of Oncology, University Hospital Zurich,Switzerland)
シンポジウム: がん抗原と免疫応答―臨床応用を目指して−
(野口雄司、鳥越俊彦、原田守、宮原慶裕、角田卓也、赤塚美樹)
ワークショップ: トランスレーショナル・リサーチの進め方
(田中文明、杉山治夫、今井浩三、富樫裕二、中村和男、高橋利忠)


第6回基盤的癌免疫研究会総会(平成14年7月16-17日 久留米大学筑水会館 久留米)
会 長: 伊東恭悟(久留米大学医学部免疫学講座)
副会長: 嘉村敏治(久留米大学医学部産婦人科学)
山名秀明(久留米大学医学部集学治療センター)
特別講演: Immune therapy of cancer and the development of anti-tumor vaccines
Dr. Douglas J.Schwarzentruber( National Cancer Institute, Bethesda, MD)
がん治療を目指した抗体エンジニアリング
花井陳雄博士(協和発酵工業(株)東京研究所)
シンポジウム: 抗体による癌免疫療法(片岡之郎、佐々木茂、佐藤功、黒木政秀)
ワークショップ: ペプチドワクチン臨床試験(佐藤裕治、宗哲哉、津田尚武、峯孝志、末次典恵、角田卓也)


第5回基盤的癌免疫研究会総会(平成13年7月18-19日 アスト津 三重)
会 長: 珠玖洋 (三重大学医学部第二内科)
副会長: 栗林景容(三重大学医学部生体防御医学)
奥野清隆(近畿大学医学部附属病院第一外科学)
特別講演: Tumor Editing by IFN-gamma and Lymphocytes
Dr.Robert D Schreiber(Washington University, St. Louis,MO,USA)
New opportunities and new challenges in specific immunotherapy of cancer
Dr.Pedro Romero(Ludwig Institute for Cancer Research, Lausanne,Switzerland)
シンポジウム: 腫瘍免疫にかかわるCD4陽性T細胞の機能的多様性
(濱岡利之、西村孝司、西川博嘉、坂口志文、西村泰治)

第4回基盤的癌免疫研究会総会(平成12年8月3-4日 ホテルライフォート 札幌)
会 長: 今井浩三(札幌医科大学医学部内科学第一講座)
副会長: 佐藤昇志(札幌医科大学医学部病理学第一講座)
細川真澄男(北海道大学遺伝子病制御研究所・癌病態分野)
シンポジウム: 癌の細胞治療・標的治療の最前線
(小野俊朗、辻村邦夫、佐藤昇志、竹之山光広、Devid Goldenberg、黒木政秀)
パネルディスカッション: ペプチドによる癌特異免疫療法 2000(影山慎一、山名秀明、井上佳子)

第3回基盤的癌免疫研究会総会(平成11年7月13-14日 千里ライフサイエンスセンター 大阪)
会 長: 濱岡利之(大阪大学医学部腫瘍発生学)
副会長: 中山睿一(岡山大学医学部生体防御医学)
藤原大美(大阪大学医学部バイオメディカル教育研究センター腫瘍医学部門)
シンポジウム: 癌特異免疫の誘導と制御
(稲葉カヨ、生田安司、中山睿一、西村孝司、小川真、谷口克、八木田秀雄)
パネルディスカッション: 本邦における癌ワクチン療法の臨床導入に向けて 1999
(珠玖洋、定永倫明、角田卓也、下山正徳、山名秀明)

第2回基盤的癌免疫研究会総会(平成10年7月14-15日 ホテルルブラ王山 名古屋)
会 長: 高橋利忠(愛知県がんセンター研究所免疫学部)
副会長: 珠玖洋 (三重大学医学部第二内科)
小幡裕一(愛知県がんセンター研究所免疫学部)
パネルディスカッション: 本邦における癌ワクチン療法の臨床誘導に向けて
(珠玖洋、秋吉毅、河上裕、山名秀明)
シンポジウム: がんの抗原療法:基礎と臨床(小幡裕一,Marks,J,D.、花井、佐賀、Scott,A.M.)

第1回基盤的癌免疫研究会総会(平成9年7月16-17 日東京ガーデンパレス 東京)
会 長: 橋本嘉幸(佐々木研究所所長)
副会長: 西村孝司(東海大学医学部免疫学講座)
八木田秀雄(順天堂大学医学部免疫学講座)
特別講演: メラノーマ抗原ペプチドの同定とワクチン療法
河上裕(米国国立癌研究所外科)
シンポジウム: 癌抗原遺伝子
(新原直樹、池田裕明、七條茂樹、池田英之、贄田美江、高橋徹、小幡裕一、西村栄作)